ラクトフェリン|身体の調子を整えるその効果

肥満解消目的で日常生活でのラクトフェリンの利用

ラクトフェリンは、人の体の中では母乳や汗や涙や唾液に含まれる糖とタンパク質が結び付いた物質で、鉄と非常に結びつきやすく、しょういから鉄を集める性質を持っています。

ラクトフェリンには、抗菌効果や抗ウイルス効果や抗酸化作用があり、さらに、
白血球の一種好中球に含まれて、ほかの免疫系細胞を元気にする作用もありますし、
抗癌作用がある事も報告されています。

また、モルモットでは骨密度の上昇が報告されており歯周病については歯周病菌に対する抗菌性を示しており、傷が早く治る作用も示されています。

脂肪代謝に関しては脂肪細胞ができるのをおさえることで、
内臓脂肪が増えるのを防ぐ作用がありますので肥満解消となり、臨床試験の結果では体重減少と内臓脂肪の減少が確認されています。
マウスの実験によれば、血液中の中性脂肪と遊離脂肪酸が減り肝臓の中性脂肪とコレステロールが減少しています。
このことから、日常生活でラクトフェリンを摂取することでメタボリックシンドロームの人たちの肥満解消に効果があります。

ラクトフェリンは牛乳やチーズに含まれるたんぱく質であり、
日常生活の中で摂取しているもので安全性に関して重い副作用は報告されていません。

ラクトフェリンは脱脂乳やチーズホエーから工業的に生成する技術は確立されており、
粉ミルクやヨーグルトやペットフードに添加物として利用されていますしサプリメントも市販されています。

メタボリックシンドロームになっている高齢者においても肥満解消のために、日常生活のなかにラクトフェリンのサプリメントを利用するのも一つの選択肢でしょう。