ラクトフェリン|身体の調子を整えるその効果

ストレスにはラクトフェリンがおすすめです

1939年にデンマークの科学者によって発見されたラクトフェリンは、鉄と結合しやすい性質からその名が付けられ、その性質から赤みがかった色をしているため「赤いたんぱく質」とも呼ばれるようになりました。

その後の研究で健康や美容に様々な効果があることが分かり、近年非常に注目されています。

ラクトフェリンの効能として広く知られているのは整腸作用でしょうか。
腸内の善玉菌でであるビフィズス菌を増殖させる働きがあり、
ヨーグルトと組み合わせた商品等が販売されています。

ラクトフェリンは母乳に多く含まれていますが、
赤ちゃんが1日に何度もお通じがあるのはこの働きによるものですね。
また鉄を吸着する性質もあるため、貧血対策としてもおすすめです。

免疫力を高める力も強く、感染症予防や発がん予防にも効果があるとされています。抗菌作用も高く、
特におすすめなのはピロリ菌保有者が摂取すること。
ピロリ菌を抑制してくれます。

脂質代謝をアップさせることでダイエットにも用いられるようになりました。これだけでもラクトフェリンの優れた性質が十分に伝わってきますが、ストレスの緩和作用でも注目を集めてきています。

赤ちゃんラットへの実験で、ラクトフェリンを投与後にストレスを与えると、抗ストレス作用をもつ副腎皮質ホルモンのコルチコステロンの分泌が抑制されることが認められています。
さらに恐怖心や不安が軽減されることも判明していますが、これは脳内の快楽物質であるエンドルフィンの働きを高めているからとされており、これらの特性からうつや神経症の改善にも効果的とされているのです。

日常的に是非摂取したいラクトフェリンですが、乳製品等に含まれています。
しかし熱に弱い性質のため、特化された加工食品以外ではあまり効果は期待できないかもしれません。

そのためサプリでの摂取はおすすめです。